公園通り動物病院 blog

開院4年目の動物病院です。病気の解説のほか、院長がどんなことを思いながら仕事をしているのか、あるいは診療にあたってのポリシーのようなものなどを飼い主様にお伝えし、ご理解いただく一助となればと思います。おつきあい頂ければ幸いです。病院HPはこちら www.parksteet-ah.com

膿胸

以前、膿胸で入院してた猫が、別件で久しぶりに来院されました。 一応は元気そうだったのでその子の話です。 呼吸困難の原因として、胸腔の内側に水が貯まる胸水貯留はさまざまな原因でおこります。例として、心臓病、胸腔内の腫瘍、感染症など。 膿胸は胸の…

腎臓病と猫の外出

先月は腎臓病の子の入院が続きました。 ほぼ1ヶ月の間、入れ替わりでずっと腎臓病の子の入院管理をしていました。 腎臓病、とくに老化による慢性腎臓病は、完治するものではありません。 血液検査で異常があらわれた時点で、本来の腎機能は4分の1以下まで…

脚を切る

昨年の暮れ頃から、後ろ足の先をケガしたノラ猫が来ていました。 連れてこられた方は、もう何年も近所のノラ猫の保護活動をしておられる方で 今回も様子がおかしいのを見兼ねたとのことでした。 後ろ足の足根部にワイヤーのようなものが絡まって動けなくなっ…

猫の横隔膜ヘルニア

生後2ヶ月齢の子猫が呼吸促迫で連れて来られました。 胸部レントゲンを撮ったところ、肝臓や腸管が胸腔内に飛び出している 横隔膜ヘルニアでした。 参考リンク:横隔膜ヘルニア(アニコムどうぶつ相談室) http://www.anicom-page.com/labo/2009/04/post-127…

猫の糖尿病

このところ糖尿病の猫が続いて来院されました。 糖尿病に対して一般の方はどんなイメージを持たれるでしょうか? とくにヒトのそれについてご存知の方は、生活習慣病のイメージがあるかと思います。 猫の場合、教科書的にはヒトの糖尿病に似た病態とされてい…

猫と車

朝晩めっきり冷え込んできました。 ここ4年程、北海道を離れていたせいか、冬の寒さを忘れているかもしれません。 体調管理を心がけたいものです。 JAF(日本自動車連盟)がこの時期、猫が車のエンジンルームに入り込むことを注意喚起しています。 我が家の…

猫と暮らすべき…

今回はネット上で見つけた記事(写真)の紹介です。 癒されます。。 それぞれ3分もあれば読めるのでぜひどうぞ。 猫と暮らすべき20の理由 http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/12/cat-best-investment_n_3917397.html?utm_hp_ref=mostpopular 犬と暮らすべ…

避妊手術の話

動物病院の話としてはありきたりですが、今回は避妊手術のお話です。 とくに子犬を飼い始めたばかりの方によく質問されることですが 「避妊手術ってしたほうがいいんですか?」 というものがあります。 先日、中年齢のメスのシーズーが食欲不振と元気が無い…